スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    (子育て)これほど間違っている子育ての常識 その3 人見知りし、反抗するのがよい子 「子供を叱る前に読む本」平井信義著

    シリーズものですので、初めての方は、その1からお読みくださ~い!

    その1 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=897061029&owner_id=305406
    その2 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=898906906&owner_id=305406

    ★間違った「いい子」像 その2★

    × 人見知りしない子
    ○ 人見知りする子

    人見知りするのは、母親に対して深い信頼感を持っているからこそ、
    お母さんの元で安全に守ってほしいという感情表現だそうです。

    人見知りしないのは、母親に信頼感を持ってない恐れがあるのだそう。


    ★間違った「いい子」像 その3★

    × 親に反抗しない子
    ○ 親に反抗し言うことをきかない子

    これもいたずらっ子がいい子供だということに通じますが、
    反抗するとは、子供が親とは独立して、自分の意志で、自分の力で、
    自主的に行動するんだという意思表示だそうです。

    これは、子供が正常に育っている現れなのだそう。
    反抗期にも反抗しない子供は、
    過去に叱られたことにより、
    自発的な感情表現や行動を阻害されている恐れがあります。


    ★間違った「いい子」像 その4★

    × おとなしい子
    ○ おどけ、ふざけることが好きな子

    子供は外界が珍しく面白いので、なんでも興味を持って
    おどけ、ふざけます。

    大人も童心に帰り、いっしょにおどけて遊んであげると
    子供はとても喜ぶそうです。

    例えば父親が威厳を見せようと、子供のおどける態度を
    叱ったりすると、父親に心を開かない子供になります。

    例えば女の子が、「ぶらぶらちんこのソーセージ~!」
    とふざけて遊んでいるとします。
    大人としては、女の子がこれはどうかと思います。
    けど、一緒に好きなだけ遊ばしてあげるのだそうです。
    そうすれば、子供は満足するまで遊んだら、
    もうそのふざけはしなくなります。

    子供のうちにそういった感情表現を出し切るようにしてあげることが、
    さらに新しい事への関心を引き起こし、
    大人への階段を上ることになることが良く理解できました。

    話はまだ続きま~す!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    訪問者数
    訪問者数:

    現在の閲覧者数:

    検索フォーム
    義援金募集
    FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    カテゴリ
    プロフィール

    塩こうじ

    Author:塩こうじ
    ごゆるりと

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事
    月別アーカイブ
    拍手ランキング
    最新コメント
    最新トラックバック
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    モブログ
    104位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    日記
    73位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    現在の閲覧者数:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。