スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    本当に庶民のための政治をすると、暗殺されるという都市伝説


    遂にヒラリーさんこんな失言をしてしまったんですね。
    よっぽど切羽詰まっていることなのでしょう。

    しかし、私は本気でオバマ氏の暗殺を心配しています。

    なぜなら、本当に民衆のためになり、
    一部既得権益を持っている人達に不都合なことをすれば、
    暗殺されることはよくある話だからです。

    たとえば、私がちょっと調べた限りでもこんなにありました。

    ●エイブラハム・リンカーン(1865年4月15日)
    第16代アメリカ合衆国大統領。
    奴隷解放を行い、奴隷解放の父と呼ばれた。

    ●ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ (1963年11月22日)
    第35代アメリカ合衆国大統領。ベトナム戦争早期撤退を計画。

    ●マルコムX (1965年2月21日)
    アメリカの急進的黒人解放指導者の一人。

    ●マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(1968年4月4日)
    アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者

    ●ロバート・ケネディ (1968年6月6日)
    第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの実弟で、兄の任命により同政権の司法長官を務めた。
    貧困の撲滅、黒人問題、人種問題に取り組む。

    ●ジョン・レノン (1980年12月8日)
    ロックバンド「ザ・ビートルズ」のリーダー格のメンバー。
    ベトナム戦争に対する反対と平和を求める。
    反戦のシンボル的リーダー

    あと、ここからは私の憶測になります。

    ●モーツアルト (1791年12月5日)
    特権階級のものだった音楽を、多くの市民に解放した。
    彼が行った内容から見て、
    既得権益を持つ人間が画策したものでしょうね~。

    ●坂本龍馬(1867年12月10日)
    私はファンなのでまたじっくり書きますが、
    途中までは外国から武器を積極的に購入していたのですが、
    あくまで龍馬は無血革命を画策したため、
    武器を日本に売りたかった諸外国勢力に不都合な人間となり、
    諸外国の画策で暗殺されたと考えています。

    このように、彼らはみんな民衆のために本気で尽力していた、
    尊敬すべき人々です。

    なぜこのような人が暗殺されるのか?

    これらは何も難しいことではなくて、
    力を持つ者が、都合の悪い人を、
    力でねじ伏せようとしてるだけです。

    悲しいですが、これは人間社会で日常茶飯事に行われている
    普遍的な行為ですよね。

    家庭でも、会社でも、いろんな組織で、
    同じようなことが氾濫してます。

    上司は自分に都合のいい部下をひいきするじゃないですか。
    不都合な人を暗殺まではしませんが
    (暗殺するほどの既得権益を持ってないからですが)、
    いじめは茶飯事ですよね。

    アメリカの経済的苦境は今後も続くでしょうから、
    オバマさんのような、変革をしてくれそうな人は、
    アメリカ人のニーズにマッチしていますので、
    恐らく大統領になるんでしょう。

    ただ、悲しい歴史が繰り返されないように願いたいです。
    そのためには、今回の顛末は逆に良かったかもしれないですよね。

    クリントン氏が「暗殺」と失言
    http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=497520&media_id=2
    スポンサーサイト

    食べ物の好き嫌いでその人の人間性が分かる


    「世界ウルルン滞在記」で、同じようにクモを生で食べるのが
    ご馳走だという所に滞在し、
    笑顔でそれらの食べ物を食べた女優がいて、
    山崎パンのCMに出てた酒井美紀だったと思いますが、
    感心だな~と思った記憶があります。

    しかしこの人も凄そうですね。

    そこまでのゲテモノを食べないと駄目とは言いませんが、
    大人になったら基本的に好き嫌いしちゃいけないと思うんですよね。

    好き嫌いしてると、人間的な浅はかさを他人に
    見抜かれるんですよね。

    自分にとって未知の事、怖いこと、
    不都合な事に対して、どう対処するかがここで分かるからです。

    食べ物の好き嫌いをする人は、自分にとって未知か、怖いか、
    都合が悪い他のことに対しても、同じ態度を取るはずです。

    これは私の経験上、見事に当てはまっています。

    偶然知り合った私の知人はたまねぎが嫌いなんですよ。
    もう50近い大人ですよ。
    豚ショウガ焼きを、丁寧にタマネギだけ避けて食べるんです。

    その上司は、お客さんから質問されても、
    答えをはぐらかしたり、無視したり、その場を離れたり、
    話題を変えたり、
    都合の悪いことは常に避ける人なんです。
    そしてその方は未だにお客さんから信頼が十分ではないんです。

    しかしこの結果は必然だと思います。

    好き嫌いをするということは、
    自分にとってとても不利益だと思います。

    ほんの小さい努力で克服できるはずなのに、
    大きな物を失っているんです。

    子供の時には誰だって好き嫌いはあります。
    しかし、大人のその人に好き嫌いがないということは、
    それまでに好き嫌いを克服しているということです。

    人は同じように、
    「この人なら、いろんな難題を克服できるかもしれない」と
    考えるはずです。

    だからこそ、この優木まおみという人も注目を浴びているんですよね。

    だから、好き嫌いがないっていうことは、
    とってもお得でいいことですね~!わーい(嬉しい顔)


    この人物のオモテとウラ 優木まおみ(タレント)
    http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=497385&media_id=10

    条件つき愛の末路 - 大人になれない大人と自己中心的で無気力な若者の原因


    前回条件付きの愛の弊害を書いたので、その続きを書きますね。

    愛する者に対して無意識に条件付きの愛を押しつけてしまうという過ちを

    とても頻繁に犯してしまいます。

    これは意識してても本当に難しいことだと思います。

    子育ての場面でも注意してないと、

    子供を知らない間に追い詰めてしまうことにもなりかねません。


    昨日、親は子供がどういう進路に進んでも、どういう人間になっても、

    子供に愛情を注ぐというのが、本当の愛情だと思うと書きましたが、

    これは言うのは簡単ですが実行は本当に難しいと感じます。


    例えば、昔はほとんどの親がこう信じていたはずです。


     いい学校に入学して、いい大学を卒業して、

     一流企業で働くのが一番の幸せ


    親はそう信じて疑ってないので、子供に善意で

    そう勧めてしまうのです。

    高度経済成長の時代はそれがある意味正しかったので、

    子供も納得したし実際それなりの幸せを得られたでしょう。

    しかしながらこの考えは現在は何の保証もありません。

    いや、むしろ多くの弊害があると思います。

    それなのに親は依然として旧態依然の考えを信じ切って、

    子供に善意で自分の考えを押しつけてしまうのです。

    これこそ、条件付きの愛です。

     一生懸命勉強しないと愛してあげない

     一流学校を目指さないと愛してあげない


    では親の愛情を勝ち取ろうとした子供はどうなるでしょう?

    必死で親の希望に添うようがんばるため、自分の興味を押し殺し続けます。

    そういう生活を続けると、

    自分は何をしたいのかさっぱり分からない人間になってしまいます。


    日本の若者が定職を持たず、何かに情熱を傾けることなく、

    無気力になり、大人になっても自我が確立できないのは、

    親が単一の考え方を子供に押しつけた、

    つまり条件付きの愛しか与えられなかった結果だと私は思います。


    子供のうちから十分興味のあることに打ち込んだ人は、

    自分が何をしたいのかが明確になり、

    大人になっても自分に適した仕事を見つけて情熱を注いでいるでしょう。


    このような条件付き愛の犠牲者となった人は、恐らく婚期も遅れます。


    子供の時の好奇心を満たしてないため潜在的に欲求不満に陥っており、

    大人になっても未だに自分は何をしたいのだろう?とひたすら考えています。

    そうすると、自分自身の根幹にある問題を解決できてないので、

    他人のことを考える余裕が生まれないのです。

    結果的に、自分のことばかり考える自己中心的な大人になってしまうと思います。


    結婚して子供を持つと言うことは、

    与えられる立場から与える立場に変わると言うことです。

    与えることを考えられるようになるのが大人の証だと思います。

    従って、自分の事しか考えられなく、与える立場になれない大人は、

    与えられることばかり期待して自己中心的な考えで結婚しようとします。

    当然期待通り与えてくれる伴侶を探します。

    しかしそんな都合のいい人はいるものではありません。

    かくして、甘い期待で結婚しようとして相手を見つけられず、

    30歳過ぎても結婚できないという末路を辿ることになるのでしょう。


    結婚するということは、好きな人と結ばれるという幸せを得る一方、

    大人としての重い責任を負うということです。


    結婚願望は強いのに結婚できない人というのは、

    結婚のいいところばかりに気を取られ、

    責任は相手に任せて、自分は責任を負う固い決心を放棄してるのも一因でしょう。

    (偉そうなこと書いてますが、この私も結婚できてませんので、

    人のことは言えません!)


    長々と書きましたが、何を言いたかったかというと、

    条件付き愛の犠牲者となった子供は、

    決して幸せとは言えない結末を迎えかねないということです。


    子供の時こそ好きなことを思いっきり自己中心的に貪欲にさせてこそ、

    若いうちから自我が確立し、

    自分に合った仕事を見つけて情熱を持って打ち込むことができ、

    (自分の潜在的欲求を十分満たしているからこそ、)

    意識を他人にも向けられる大人になれ、

    若くして幸せな結婚にたどり着くのだと思うのです。


    また、社会に不勉強であるにもかかわらず、

    旧態依然の考え方を信じ切って子供に押しつける親ではなく、

    変化の激しい現代社会において

    子供に的確な羅針盤となって情報を提供しながら、

    子供の自己実現を応援できるような親になれるよう、

    独身のうちからがんばっていきたいものです。

    条件付きの愛がもたらす落とし穴 その1


    条件付きの愛が、愛する人を、そして自分自身を不幸にしていくように思えてなりません。

    条件付きの愛というのは、簡単に言うと

    「何らかの条件を満たさないと愛せない」

    という態度です。

    これは、その条件を満たさないと愛さないから、

    と相手を恐喝しているようなものです。

    こういう態度は、いろんな場面で遭遇すると思います。


    例えば親は、非常に多くの場合、

    条件付きの愛を子供に押しつけています。

     テストで80点以上取らないと愛してあげない

     隣の子よりいい成績を取らないと愛してあげない

     一流大学に入らないと愛してあげない

    などなど、日常茶飯事ですよね。

    これって子供にとっては単なる強迫観念だし、

    親の価値観を子供に押しつけようとしているに過ぎません。

    これは明らかに愛などと言えるものではないのですが、

    親はこういう態度を本当の愛だと思っているからやっかいです。

    条件付きの愛をしている自分に気づかずに、

    相手を傷つけていることってすごく多いと思うんです。


    子供は両親の愛情は絶対的に必要です。

    だから無理していい子ちゃんしてでも

    両親の愛を勝ち取ろうとするのです。

    そうしているうちに、自分のやりたいことと、

    両親の突きつける条件との間で板挟みになって、

    分裂症を起こしたりするのだと思います。

    こういう子供、今とても多いと思います。


    本当は、親は子供がどういう進路に進んでも、どういう人間になっても、

    子供に愛情を注ぐというのが、本当の愛情だと思うのです。

    条件を付けない本当の愛情を注がないと、

    子供はその子供らしく成長しないのではないでしょうか?

    これは子育てをするときに重々気をつけてないといけない問題だと思います。


    つまり、愛とは条件をつけないのが本当の愛だと思うのです。


    この条件付きの愛、恋愛中の男女間や夫婦間でも普通に起こります。

     年収が○百万以上でないと愛してあげない

     一流企業に勤めてないと愛してあげない

     きれいにしていないと愛してあげない

    などです。

     そうなると、不景気など個人の力ではどうにもならない

    何らかの不可抗力で年収が下がったり、転職したり、

    大火傷を負ったりして容姿が醜くなったとき、

    愛が冷めてしまうということを意味します。

    こういう時、条件付きの愛で結婚したカップルは

    離婚していくのでしょうか。

    これって本当の愛でしょうか?

    相手が自分に対して愛してると言われても、条件付きの愛と分かったら、

    人はその愛を受け入れられるでしょうか?

    これで人の心は動くでしょうか?

    私は結局駄目でした。


    しかしこのことは逆に言うと

    ものすごく使える恋愛テクニックになると思います。

    異性をその気にさせようと思ったら、

    無条件で愛してるという態度を取ればいいのです。

    (本当は心底無条件で愛してほしいんですけどね!あくまで)



    男性も無条件の愛を表現されると、すごくやる気になるのです。

    それで仕事もうまくいき、結局その女性も幸せになるのです。

    こういう「与えられようと思うなら、先に与えよ」

    という精神が、回り回って本人に返ってくるんですよね。

    これは幸せな人生を送るためにわきまえておくべき鉄則だと思います。


    一方、条件付きの愛しか相手に示せないというのは、

    子供が親におねだりする時と同じで、

    単に欲しいものををダイレクトに相手に要求するだけの態度ですので、

    精神レベルは子供と同等ですし、

    恋愛の経験値がちょっと足りないのかもしれません。


    このことを理解した人は、恋愛もうまくいくし、

    人生も幸せなものになるのではないでしょうか?

    そんな恋愛ができたらいいですね~。

    含蓄ある人生論: Apple社CEOスティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大学の卒業式で語ったスピーチ 信念に素直に生きると、やがて大きな道となる

    ipodで有名になったapple社のCEO、あのスティーブ・ジョブズ氏が

    素晴らしいことを語っていますので紹介しますね。

    人生のあり方に大きなヒントを与えてくれますよ。

    是非原文を読んでもらいたいんですが、

    後で紹介することにして

    まず簡単に何を言っているか紹介します。


    彼のポリシーの1番目はとってもシンプルなんです。


    「好きなことをすることに徹する」ことです。


    簡単な話ですが、これを実行できてる人って少ないと思います。


    最初に意外だったのは、

    彼は決して裕福な両親を持っていたわけではないこと。

    そして、大学を中退していること。

    普通大学を中退するというのは褒められたことではないですよね?

    けど彼は、両親が質素な生活の中で必死で働いたお金で

    大学に行かせてもらっているのに、

    全然大学はそれにふさわしいことを自分に与えてくれない

    ということで大学を辞めるんですね。

    しかし彼はそれを逆手に取り、

    好きな授業だけ聞きに行っていたと言うんです!


    つまり、建前、肩書にこだわらず

    好きなことに徹したわけですよ。


    これを実際にできる人は少ないでしょうね。

    よっぽど自分に自信がないと無理でしょう。


    そして彼の二番目の格言はこれです。

    「将来を見通して生きるなんて無理

    むしろ数々の寄り道という点が、後に大きな線となる」


    彼は今や成功者ですが、

    それを前から見通していたわけではないんです。

    単に好きなことをいろいろやっているうちに、

    偶然そうなったんだというのです。


    第三番目のメッセージは、

    「苦労や失敗、不幸は決して無駄ではない」

    ということです。


    彼はApple社から追放されていた時期がありました。

    しかしこの不幸があったからこそ、彼は一生の伴侶に出会い、

    新しい会社を成功させることができたと語っています。

    この自らの運命に、前向きな解釈を与えるところは

    見習いたいですよね。


    そして最後に、彼はこう語ります。

    「常に、明日自分が死ぬなら何をするかを考えて

    明日の行動を決めよ」


    つまり、本当に自分の好きなことをするには、

    それくらいの気持ちでのぞまないといけないよ

    というメッセージです。

    本当にそうなんですよね。

    それで彼のメッセージは終わりです。


    どう思いましたか?

    私もすごく感動しました。

    原文はこちらにありますので、興味のある方は見てください。

    大前研一氏の、ニュースの視点というブログで書かれています。

    ちなみに、このメルマガは社会や経済の本質を知るのに

    とても重宝する、お勧めのものです。

    ただ、ここからが問題ですので、また帰ってきてくださいよ!

    http://www.ohmae.biz/koblog/montra/984.php


    これで、「はい、好きなように生きます!」ってできれば

    何の苦労もないんですよね。

    ここからが私の問題意識です。

    好きなことを現実に実行することは誰も考えている。

    なのにそれができない人がほとんどじゃないか。

    この理想と現実はなぜ生まれるのだろうか?

    と考えました。


    その最も大きな理由は、経済的理由だと思います。

    例えば、私は音楽家になりたいと言っても、

    それで食っていくことはとても難しいですよね?

    だから、夢を諦めて、お金になるつまらない仕事をするんですよね?


    スティーブ・ジョブ氏と、この現実の違いをどう考えますか?

    私はこう考えました。

    彼は寄り道の大切さを語っていました。ここが鍵になるんではないか?


    つまり、単に音楽家になりたくて音楽のことばかりしていては、

    何の特徴も生まないんです。

    だから同じ事をする人がたくさんいて、厳しい競争を強いられます。

    しかし彼は多くの寄り道をして、

    それが彼をオンリーワンな人間にしていったんだと思います。


    そういえば、ちょっと前テレビでやってた、

    ピアノで世界一になった女の子は、

    バレエをしたのが表現力を磨く大きな力になったと言ってました。

    これも、彼の言う寄り道ですよね。


    これではないか?

    つまり、ちょっとした好奇心による寄り道を重ねていくと、

    やがてそれが大きな個性になり、

    好きなことが自分でしかできないことになるんではないでしょうか?


    小さい好奇心を含めると、

    好きなことは一つではないはずです。

    音楽が好きと言っても、他に好きなこともあるはずです。

    そこに大きなトリックがあるような気がします。

    一度自分は音楽が好きと思い込むと、

    それしか自分は好きなものはないと、

    他の小さな興味からわざと目を遠ざけているんではないか?

    そういう「小さな好奇心まで含めて、好きなことに徹する」。

    それが重要なのではないでしょうか?

    そうすると、全く同じことをする競争相手を気にすることなく、

    個性ある人間になれ、

    そして自分は好きなことをしながら、

    世界で他の誰もが真似できないことができ、

    お金も後からついてくるようになるんではないでしょうか?


    皆さんはどう思いますか?


    訪問者数
    訪問者数:

    現在の閲覧者数:

    検索フォーム
    義援金募集
    FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    カテゴリ
    プロフィール

    塩こうじ

    Author:塩こうじ
    ごゆるりと

    カレンダー
    04 | 2008/05 | 06
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    最新記事
    月別アーカイブ
    拍手ランキング
    最新コメント
    最新トラックバック
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    モブログ
    95位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    日記
    66位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    現在の閲覧者数:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。