スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    (心)ホメオパシー批判に物申す - ホメオパシーは物理的療法でなく心理的な療法

    2010年8月24日に、日本学術会議の金沢一郎会長がホメオパシー批判をされましたね。

    この記事を見た瞬間、
    この方はホメオパシーの本質を理解されている方なのだろうか?
    と大変疑問に思いました。

    (記事)2010/8/25 ホメオパシー療法:「科学的根拠なし」学術会議会長
    http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100825k0000m040076000c.html

    私はホメオパシーの実践者ではないですが、
    正しく活用されている現場も見ていますので、
    少し考えてみたいと思います。

    金沢氏や多くの実践者が正しく理解していない点は何かと簡単にいいますと、

    ★ホメオパシーとは物理的療法ではなく、心理療法の一つである★

    ということだと思います。

    金沢氏は、「ただの水なので科学的根拠も効果もない」
    とおっしゃっていますが、
    物理的にはただの水ですし何の根拠も効果もないのは同意します。

    しかし、◎肝心なのは心理的効果◎なんです!!!!!!(ここチョオ重要!)

    このあたりを考えるため、
    ホメオパシーについてちょっと調べてみましょう。


    <ホメオパシーとは?>

    ホメオパシーとは、約200年前にドイツで始まったのですが、
    病気と似た症状を起こす植物や鉱物を水でものすご~く希釈して、
    この水を砂糖玉にしみこませた錠剤(レメディー)を薬のように飲んで、
    自然治癒力を引き出し、病気を治すというものです。


    <ホメオパシーは物理的側面を排除する>

    ポイントなのは、希釈しすぎて水はほとんど水そのものになっている点です。
    物理的側面を排除しているんです。

    100倍希釈を200回繰り返したものを200Cと言いますが、
    よく用いられるのは30Cです。
    つまり、100倍希釈を30回行っています。
    これは10の60乗倍に希釈したということです。

    単位は「那由多」(なゆた)だそうです。こんな単位使ったことありませんよ!

    1兆で10の12乗ですから、1兆倍の希釈を5回したことになります。

    1兆倍を「ちょお」と表現すると、
    ちょお ちょお ちょお ちょお ちょお 薄める~ という感じ。

    もっと簡単に言うと、1兆倍で希釈するということは、
    1ccの原液を、小学校によくある25mプール3333個分の水で希釈するということです。

    そしてこれを5回行っているのと同じです(^_^;)
    薄めるのもどんだけ~

    例えば、100グラムの原液で分子量が100(水は18)とすると、
    この原液に含まれる分子の数は、6×10の23乗個(アボガドロ数)になります。

    これを10の60乗の水で希釈したら、
    もうこの水100ccには1分子の原液も入ってないということになります。

    つまり、物理的にはただの水ですし、
    これを染みこませた砂糖玉も、ただの砂糖玉なんです。

    だからこそ、物理的な意味や効果がないのは当然です。

    本日のニュースでは、
    36の助産所で新生児に必要なビタミンK2を投与せず、その代わり
    ホメオパシーの砂糖玉を与えていたということですが、
    これは明らかに問題です。

    ホメオパシーの砂糖玉は物理的にビタミンK2の代替にはなり得ないですから。

    (記事)2010/9/8 新生児に必要なビタミンK2投与せず 36の助産所で 
    http://www.j-cast.com/2010/09/08075333.html

    しかしだからといってホメオパシーそのものを否定するのも極論です。

    ではなぜこんな砂糖玉に意味があるのでしょう???

    それは、ホメオパシーの心理的側面をみれば分かります。


    <ホメオパシーの心理的効果>

    ホメオパシーを、通常の病院診療みたいに、
    症状を聞いて、じゃあこの薬飲んでみて~
    なんて、3分診療でレメディーを渡すとイメージしていたら、
    本質が見えてきません。

    通常は患者と医師が十分時間をかけて
    その症状や心理的状態などを話し合います。

    ★患者と医師との間で密なコミュニケーションをし、
    お互いに信頼関係で結ばれた上で、
    患者に癒しや安心感を与える★

    これがホメオパシーの神髄だと私は思っています。

    従って、そこで処方されるレメディーも、
    物理的には何ら意味はないけれど、
    信頼する医師から自分の事を十分考えて処方してくれたものです。

    つまり、レメディーには、原液のイメージに加え、
    医師からの愛や癒しのイメージを具現化したものとして与えられている
    と理解すべきではないでしょうか?

    ★信頼する医師から与えられる、
    愛や信頼感や安心感、希望、病気を治そうという前向きなイメージ

    この心理的効果が患者を癒し、
    ひいては治療効果を発揮するのです★

    実際私もホメオパシーでガンの症状が改善した人を複数お目にしています。


    <日本ホメオパシー医学会の反論>

    日本ホメオパシー医学会理事長で、統合医療の第一人者である帯津先生も
    このホメオパシー批判に対して反論していて、
    癒し効果など心理的効果に言及されていますが、
    おそらく私の考えている事と同じだと思います。

    「ぬくもりある医療の一翼担う」=ホメオパシー医学会
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201008/2010083000837


    <ホメオパシーが効かないケース>

    ホメオパシーが心理的なものである事を理解しますと、
    どんなときにホメオパシーが効いたり効かなかったりするかが分かります。

    ホメオパシーが効かないケースはこんな場合だと思います。

    ・ホメオパシーは無意味だと信じている場合
     従って金沢氏にもホメオパシーは効果がないでしょう。

    ・治療における心理的効果の重要さが理解できてない場合

    ・処方する医師と信頼関係がない場合

    ・十分に医師と密なコミュニケーションができない場合

    単にホイっと砂糖玉を渡されるだけでは
    ホメオパシーの意味がなくなってしまいます。

    ホメオパシーの心理的側面を十分理解した医師と患者が行って初めて
    意味を持つものだと思います。

     
    <結論>

    ホメオパシーを他の物理的療法に代わるものとして
    処方されるのは大きな間違いです。

    しかし、心理的療法としては大変意味があるものですので、
    ホメオパシーを全否定しないでほしいと思います。

    ホメオパシーを正しく実践することで、
    心理効果を得られることだって期待できるのですから。

    確かに科学的根拠がないとは直感的に思いますが、
    根拠があるという多数の論文があります。
    また、医学というのは純粋に科学的根拠で議論されるべきですが、
    医療というのは、医学というツールを使って患者を治し、癒す行為と考えると、
    科学的根拠があるかないかは患者にとって大きな問題ではありません。
    (もちろんないよりある方がいいですが)

    今の医学がガンや慢性疾患に対して歯が立たないのは
    エビデンスがない心理的側面を無視することも一因だと感じます。

    ホメオパシーを実践する側も批判する側も、
    ホメオパシーの本質を理解した上で、
    物理的療法と心理的療法の両方を駆使することが、
    現代医療に与えられている課題だと思います。
    スポンサーサイト

    (心)うつの人が能力を発揮するには?ガン患者にも通じる心の持ち方

    今うつになってしまう人がとても多いと感じます。
    うつになりやすい方というのは、真面目で向上心が強いんだと思います。
    怠け者は、決してうつになりません。
    自分を否定してないからです。

    これは有名な神田橋先生の著書「精神科養生のコツ 改訂」にも書いてありました。
    (ちなみにこの本はとてもお勧めします。
    神田橋先生は、単に患者に単価の高い薬を売りつけるだけの医者ではなく、
    本当に患者の事を考えてくれている先生だと思います。)

    向上心があるということはとても素晴らしいことだと思います。
    ただ、その反動として、今の自分は劣っているという否定的な感情はありませんでしょうか?
    それがうつを招くんだと思います。

    これはガン患者にも言えるのですが、
    ガン患者は自分のある部分を強く否定、拒否、無視していることが多くあります。
    これでは能力が最大限に発揮されないだけでなく、病気にもなってしまうんです。
    アクセルとブレーキを両方踏んでいるようなもので、精神的に参ってしまいます。

    ★自分の短所も含めてまるごと愛してあげる事★

    これがうつやガンにならないための秘訣でもあり、
    能力を最大に引き出す秘訣だと思います。


    社会的に事をなしえる人は、
    人より劣っている特徴すら強みにしている人もいます。

    例えば松下幸之助は、病弱で何をするにも人に劣っていた方ですが、
    自分が何もできない事を逆手にとって、
    社員を全面的に信頼し任せることによって大企業に成長しました。

    短所を長所に裏返して、自分の活かし方を工夫すれば、
    自分の性格を変えようと苦しい努力をすることもありません。

    あの「べてるの家」でも、
    普通に考えれば人より劣っていると思いがちな性格を、
    逆に長所にして売り上げを伸ばし、
    自立するだけでなく地域も活性化させているという、
    素晴らしい実績を残しています。

    べてるの家の本と、神田橋先生の本は是非参考にしてみて下さい。

    絶望している人に使えそうな言葉

    前回に続き、「安心して絶望できる人生」から、
    統合失調症、うつ、失望した人にどう言葉をかけたらよさそうか
    考えてみました。

    この本を読むと、統合失調症の方には共通したものがありそうなことが分かります。

     ・人と接したいという潜在的な欲求はあるけど、人と接することが苦手。
     ・周りや社会が自分を認めてくれていないと思っている。

    つまり、人と接したい、自分を認めてほしいという願望はあるのに、
    それができないで消化不良になっているのではないでしょうか?

    この本で、とても参考になるかもしれない部分を紹介します。


    死に場所を求めてホテルに籠城している息子を説得して欲しいと頼まれた向谷地さんが
    息子さんに会って話した内容です。

    (引用はじめ)

    息子:「自分の命だからどう扱っても自由でしょ。
    金稼ぐために働いて、そして金がなくなったらまた働き続けるなんて、
    こんなあほらしいことないですよ」

    向谷地:「論理的に考えたら、どう理屈をこねても、生きていた方がいい
    という結論は絶対出てこない、というのがこの世の中の現実です。
    そういう意味では、君は論理的でかなりまともだし、
    実は2000年前に書かれた聖書の中にも、
    「日の下で人が労するすべての労苦は、その身になんの益があるか」
    って書いてあるんだよ」

    息子:「え、そうなんですか」

    向谷地:「これは人類永遠のテーマなんだ。
    君はとても大事で深遠なテーマに出くわしたのだから、
    やっとまともな人生をとりもどしたという意味で、
    『おめでとう』と言えるかもしれない。

    でも、だからこそたいへんなんだよね。
    全うって、今の世の中ではたいへんなことだからね。
    君の言ってることはなにもおかしくないし、まさにそのとおりだよ、
    いい線いってるなって思う」

    息子:「はじめて自分の言うことに賛成してくれる人に出会いました!」


    向谷地:「あなたを死なないように説得に来たわけではなく、
    ただ話を聞かせてもらって、感想を少し言わせていただきました。

    ただこれだけは覚えておいてください。
    私が今こういう話をしているのは、
    あなたのような経験をして実際に死んでしまった人や、
    病気を抱えて、いろんな経験を重ねながらがんばって生きている人たちの経験が、
    私の今日の言葉に生かされているからです。
    そういう意味では、あなたは私のこの30年間の人のつながりを自然にダウンロードして、残念ながら、あなたは今日からひとりではない。

    人のつながりの中に生かされている、
    という責任の上に生きているという状況になってしまったことだけは
    覚えておいたらいいと思いますよ」

    そしたら彼はニコッとして、

    息子:「ぼくはただ、自分の考えを認めてほしかっただけなんです」

    (引用おわり)

    この会話からも、
    ★相手をまるごと認め、自分は一人でないよ、という安心感を与える★
    ことが大切なんではないかと思います。

    ガン患者も生きることに絶望していることが多いです。
    そういう方にも、こんな言葉を投げかけられたらいいなと思いました。


    落ち込んでいる人に使える褒め言葉!

    人間にふさわしい食についてもっと掘り下げてるのですが、
    難しくて行き詰まっていますので話題を変えます。

    統合失調症の治療と町おこしでとても実績を上げてられる、
    向谷地生良さんの本をとても興味深く読んでいるのですが、
    そこに出ていた言葉を紹介します。

    落ち込んでいる人を励まそうとするとき、
    どういう言葉をかけたらいいのか迷いませんか?

    頑張れ!ではかえって無理させることになるし、
    気にするな、では無責任に聞こえるし。

    そういう時に使えそうなせりふです。

    「自分の行き詰まり感に手応えを感じる」
    「この困り方は、いい線をいっているね」
    「悩み方のセンスがよくなってきたね」
    「自分の悩みや不安に誇りを感じる」
    「病気のスジがいいね」
    「悩みの多さに自信が出てきた」
    「最近、落ち方がうまいね」
    「あきらめ方がうまくなってきた」

    その人の弱ささえも肯定し包み込んでしまうような
    その人の人格をまるごと認める、すてきな言葉だと思いました。

    自分を褒める時にも使えそうです。
    機会があったら試してみて下さい。

    他にいいせりふがあれば是非ご一報を!わーい(嬉しい顔)

    出典:安心して絶望できる人生 向谷地生良 浦河べてるの家 NHK出版

    愛に条件を付けてしまう人のタイプ (条件付き愛 その5)

    4回にわたり条件付き愛のことを書いていますが、

    (初めての方は以前の日記をまず読んでください)

    どういう人が条件つき愛に陥りやすいか考えてみたいと思います。


    条件付き愛情というのは、

     ある条件を満たさないと愛してあげない、愛せない

    という感情でした。


    なぜ人が条件付きで愛情を示すかというと、

    一つ目の理由は、自分の思い通りに相手を動かしたい

    という気持があるからだと思います。

     子供を一流大学に入れたい

     隣の子供よりいい成績を取らせたい

     物欲を満たす生活をさせてもらいたい

    とかです。

    相手を思うように動かすために、

    条件を付けて愛情を示すのです。

    これは単なる自己中心的行為ですよね。

    最近は一人っ子が多いし、物的に満たされた環境で育ってますから、

    どうしてもわがままになりますよね。反省(>_<)


    そして2つ目の理由は、相手の人間性以外の条件の部分に惚れている

    からと思います。


    "一流企業"という肩書きに惚れている

     高い年収に惚れている

     女優並みの容姿や体つきに惚れている

    とかです。

    これはたいてい、自己顕示欲と物欲の強い人に多く見られると思います。

    ステイタスに憧れるといいましょうか。

    ステイタスって、「物的に満たされて人に自慢できる」

    ことを言うんだと思いますが、

    これってまさに自己顕示欲と物欲を満たすことですもんね。

    ”セレブ”なんてまさにそういう言葉です。

    そういう、「物的に満たされて人に自慢できる」状態を

    相手の異性との関係によって満たそうとするときに、

    条件付き愛情が芽生えてくるのではないでしょうか?


    しかし自己顕示欲と物欲を満たすことが、

    本当の意味での幸せにつながることなのでしょうか?

    私は個人的には、自己顕示欲も物欲も必要最低限で

    全然十分と思います。


    それよりもむしろ価値観が合って、

    一緒にいて等身大の自分でいられる

    ということの方がずっと重要なことだと思います。


    ではなぜ自己顕示欲と物欲に人はとらわれてしまうのでしょうか?

    まず自己顕示欲の方からですが、

    自己顕示欲が強い人は、両親からの愛情が不足していたり、

    幼少時代にいじめられたりした人が多いと思います。

    両親からの愛情が不足したりいじめられると、

    子供は自分の存在を認めてくれる人がいないため、

    何が何でも人に認めてもらおうと必死になります。

    それが過剰な自己顕示欲になると思います。

    それが社会的名声を得ることにもつながりますけど。

    ホリエモンとはかまさにそういう人ではないかと

    察します。(実際は知りませんが)


    そして、物欲が過剰な人ですが、

    これも自己顕示欲が強い人は高価な物を買うことで

    ステイタスを得ようとするので物欲が強くなりますし、

    都会に住んでいる人は物欲に囚われやすいと思います。

    都会って巨大な物欲喚起システムですからね。

    必要のない物まで買わせるのがマーケティングですから。

    幸せや満足感に直結しないものまで、

    買いたいと思わせる仕掛けに溢れています。


    かくして、現代社会は

    わがままで、自己顕示欲と物欲の強い人が増え、

    条件付き愛情の罠に陥ってしまうと言えないでしょうか?

    条件つき愛の末路 - 大人になれない大人と自己中心的で無気力な若者の原因


    前回条件付きの愛の弊害を書いたので、その続きを書きますね。

    愛する者に対して無意識に条件付きの愛を押しつけてしまうという過ちを

    とても頻繁に犯してしまいます。

    これは意識してても本当に難しいことだと思います。

    子育ての場面でも注意してないと、

    子供を知らない間に追い詰めてしまうことにもなりかねません。


    昨日、親は子供がどういう進路に進んでも、どういう人間になっても、

    子供に愛情を注ぐというのが、本当の愛情だと思うと書きましたが、

    これは言うのは簡単ですが実行は本当に難しいと感じます。


    例えば、昔はほとんどの親がこう信じていたはずです。


     いい学校に入学して、いい大学を卒業して、

     一流企業で働くのが一番の幸せ


    親はそう信じて疑ってないので、子供に善意で

    そう勧めてしまうのです。

    高度経済成長の時代はそれがある意味正しかったので、

    子供も納得したし実際それなりの幸せを得られたでしょう。

    しかしながらこの考えは現在は何の保証もありません。

    いや、むしろ多くの弊害があると思います。

    それなのに親は依然として旧態依然の考えを信じ切って、

    子供に善意で自分の考えを押しつけてしまうのです。

    これこそ、条件付きの愛です。

     一生懸命勉強しないと愛してあげない

     一流学校を目指さないと愛してあげない


    では親の愛情を勝ち取ろうとした子供はどうなるでしょう?

    必死で親の希望に添うようがんばるため、自分の興味を押し殺し続けます。

    そういう生活を続けると、

    自分は何をしたいのかさっぱり分からない人間になってしまいます。


    日本の若者が定職を持たず、何かに情熱を傾けることなく、

    無気力になり、大人になっても自我が確立できないのは、

    親が単一の考え方を子供に押しつけた、

    つまり条件付きの愛しか与えられなかった結果だと私は思います。


    子供のうちから十分興味のあることに打ち込んだ人は、

    自分が何をしたいのかが明確になり、

    大人になっても自分に適した仕事を見つけて情熱を注いでいるでしょう。


    このような条件付き愛の犠牲者となった人は、恐らく婚期も遅れます。


    子供の時の好奇心を満たしてないため潜在的に欲求不満に陥っており、

    大人になっても未だに自分は何をしたいのだろう?とひたすら考えています。

    そうすると、自分自身の根幹にある問題を解決できてないので、

    他人のことを考える余裕が生まれないのです。

    結果的に、自分のことばかり考える自己中心的な大人になってしまうと思います。


    結婚して子供を持つと言うことは、

    与えられる立場から与える立場に変わると言うことです。

    与えることを考えられるようになるのが大人の証だと思います。

    従って、自分の事しか考えられなく、与える立場になれない大人は、

    与えられることばかり期待して自己中心的な考えで結婚しようとします。

    当然期待通り与えてくれる伴侶を探します。

    しかしそんな都合のいい人はいるものではありません。

    かくして、甘い期待で結婚しようとして相手を見つけられず、

    30歳過ぎても結婚できないという末路を辿ることになるのでしょう。


    結婚するということは、好きな人と結ばれるという幸せを得る一方、

    大人としての重い責任を負うということです。


    結婚願望は強いのに結婚できない人というのは、

    結婚のいいところばかりに気を取られ、

    責任は相手に任せて、自分は責任を負う固い決心を放棄してるのも一因でしょう。

    (偉そうなこと書いてますが、この私も結婚できてませんので、

    人のことは言えません!)


    長々と書きましたが、何を言いたかったかというと、

    条件付き愛の犠牲者となった子供は、

    決して幸せとは言えない結末を迎えかねないということです。


    子供の時こそ好きなことを思いっきり自己中心的に貪欲にさせてこそ、

    若いうちから自我が確立し、

    自分に合った仕事を見つけて情熱を持って打ち込むことができ、

    (自分の潜在的欲求を十分満たしているからこそ、)

    意識を他人にも向けられる大人になれ、

    若くして幸せな結婚にたどり着くのだと思うのです。


    また、社会に不勉強であるにもかかわらず、

    旧態依然の考え方を信じ切って子供に押しつける親ではなく、

    変化の激しい現代社会において

    子供に的確な羅針盤となって情報を提供しながら、

    子供の自己実現を応援できるような親になれるよう、

    独身のうちからがんばっていきたいものです。

    条件付きの愛がもたらす落とし穴 その1


    条件付きの愛が、愛する人を、そして自分自身を不幸にしていくように思えてなりません。

    条件付きの愛というのは、簡単に言うと

    「何らかの条件を満たさないと愛せない」

    という態度です。

    これは、その条件を満たさないと愛さないから、

    と相手を恐喝しているようなものです。

    こういう態度は、いろんな場面で遭遇すると思います。


    例えば親は、非常に多くの場合、

    条件付きの愛を子供に押しつけています。

     テストで80点以上取らないと愛してあげない

     隣の子よりいい成績を取らないと愛してあげない

     一流大学に入らないと愛してあげない

    などなど、日常茶飯事ですよね。

    これって子供にとっては単なる強迫観念だし、

    親の価値観を子供に押しつけようとしているに過ぎません。

    これは明らかに愛などと言えるものではないのですが、

    親はこういう態度を本当の愛だと思っているからやっかいです。

    条件付きの愛をしている自分に気づかずに、

    相手を傷つけていることってすごく多いと思うんです。


    子供は両親の愛情は絶対的に必要です。

    だから無理していい子ちゃんしてでも

    両親の愛を勝ち取ろうとするのです。

    そうしているうちに、自分のやりたいことと、

    両親の突きつける条件との間で板挟みになって、

    分裂症を起こしたりするのだと思います。

    こういう子供、今とても多いと思います。


    本当は、親は子供がどういう進路に進んでも、どういう人間になっても、

    子供に愛情を注ぐというのが、本当の愛情だと思うのです。

    条件を付けない本当の愛情を注がないと、

    子供はその子供らしく成長しないのではないでしょうか?

    これは子育てをするときに重々気をつけてないといけない問題だと思います。


    つまり、愛とは条件をつけないのが本当の愛だと思うのです。


    この条件付きの愛、恋愛中の男女間や夫婦間でも普通に起こります。

     年収が○百万以上でないと愛してあげない

     一流企業に勤めてないと愛してあげない

     きれいにしていないと愛してあげない

    などです。

     そうなると、不景気など個人の力ではどうにもならない

    何らかの不可抗力で年収が下がったり、転職したり、

    大火傷を負ったりして容姿が醜くなったとき、

    愛が冷めてしまうということを意味します。

    こういう時、条件付きの愛で結婚したカップルは

    離婚していくのでしょうか。

    これって本当の愛でしょうか?

    相手が自分に対して愛してると言われても、条件付きの愛と分かったら、

    人はその愛を受け入れられるでしょうか?

    これで人の心は動くでしょうか?

    私は結局駄目でした。


    しかしこのことは逆に言うと

    ものすごく使える恋愛テクニックになると思います。

    異性をその気にさせようと思ったら、

    無条件で愛してるという態度を取ればいいのです。

    (本当は心底無条件で愛してほしいんですけどね!あくまで)



    男性も無条件の愛を表現されると、すごくやる気になるのです。

    それで仕事もうまくいき、結局その女性も幸せになるのです。

    こういう「与えられようと思うなら、先に与えよ」

    という精神が、回り回って本人に返ってくるんですよね。

    これは幸せな人生を送るためにわきまえておくべき鉄則だと思います。


    一方、条件付きの愛しか相手に示せないというのは、

    子供が親におねだりする時と同じで、

    単に欲しいものををダイレクトに相手に要求するだけの態度ですので、

    精神レベルは子供と同等ですし、

    恋愛の経験値がちょっと足りないのかもしれません。


    このことを理解した人は、恋愛もうまくいくし、

    人生も幸せなものになるのではないでしょうか?

    そんな恋愛ができたらいいですね~。

    訪問者数
    訪問者数:

    現在の閲覧者数:

    検索フォーム
    義援金募集
    FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    カテゴリ
    プロフィール

    塩こうじ

    Author:塩こうじ
    ごゆるりと

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    拍手ランキング
    最新コメント
    最新トラックバック
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    モブログ
    71位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    日記
    51位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    現在の閲覧者数:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。